evidence-based medicine

Archive for 5月 2006

小児弱視-入院監視下遮蔽治療

leave a comment »

小児弱視に対してアイパッチによる遮蔽治療を入院監視下で行った後向き研究です。
弱視に対する集中遮蔽治療
Br J Ophthalmol. 2001 Mar;85(3):310-3.
Intensive occlusion therapy for amblyopia.
Dorey SE, Adams GG, Lee JP, Sloper JJ.
Strabismus and Paediatric Service, Moorfields Eye Hospital, City Road, London EC1V 2PD, UK.
[要約の邦訳]
目的: 外来での治療に奏効しなかった小児の弱視に対する監視下入院遮蔽治療 supervised inpatient occlusion treatment の効果を研究する。
方法: 以前に外来遮蔽治療が奏効しなかったため小児眼科病棟における5日間の監視下集中遮蔽入院治療を行った小児 39症例の後向き研究。弱視眼と他眼の視力は入院前、入院中毎日、退院後の外来で記録された。
結果: 入院前に行われた平均9ヶ月間の外来遮蔽治療では、全体としては有意な視力改善はなかった。5日間の入院中に、26名の患児 (67%)は少なくとも 1ライン、5名 (13%)は 3ライン以上の視力改善が弱視眼で得られた (平均 1.03 スネレン ライン Snellen lines)。入院中に視力改善がなかった小児9名を含む、弱視眼と他眼、両眼の視力は、続けて外来でパートタイム (アイ) パッチングを行うことで結果的に改善した。最終外来検査時 (退院後 中央値 14か月)、13症例 (33%)の弱視眼の視力は少なくとも 6/12 (小数視力換算 0.5) であった。
結論: 弱視眼の視力は治療効果なく改善しなかった。その後の監視下入院遮蔽治療がこれら症例の大多数に有効であった。

広告

Written by support

2006/05/14 at 21:08

カテゴリー: 弱視

東アジアの dust stormと黄砂 bai

leave a comment »

ダストストームは東アジアの不健全な環境の表れである
Environ Monit Assess. 2006 Mar;114(1-3):447-60. Epub 2006 Mar 29.
Dust Storms are an Indication of an Unhealthy Environment in East Asia.
Batjargal Z, Dulam J, Chung YS.
Extraordinary Plenipotentiary Ambassador of Mongolia to Japan, Tokyo.
日本のモンゴル国特命全権大使
[要約一部の邦訳]

…… 毎年、モンゴル国の発生源では 30-120日、朝鮮半島では 14-20日間、ダストストーム dust storm が発生する。強い砂塵嵐と降下煤塵 (こうかばいじん dust fall) は、東アジアの環境に影響を与えている。下略 ……

黄砂 (こうさ)の英語は、bai ですが、
  [baiスペースアルク:英辞郎
【名-1】 黄砂{こうさ}
【名】<中国語> 百、パイ、百の単位、100

世界最大の医学論文検索サービス
  » http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi
で、キーワード「bai」を入力しても、今だヒットしません。呼吸器、眼などの健康問題については、今後調査を予定しています。

Written by support

2006/05/07 at 21:44

カテゴリー: アスベスト、その他

加齢黄斑変性(症)-抗酸化ビタミンとミネラルサプリメント

leave a comment »

エントリー「加齢黄斑変性(症) 治療のエビデンス(コクラン・レビュー)」
  » http://www.qqiac.com/2005/09/__d991.html

にて、いくつかのコクラン・レビューの要約をお伝えしましたが、抗酸化ビタミンとミネラルサプリメントについては、
(再掲) Antioxidant vitamin and mineral supplements for preventing age-related macular degeneration (Cochrane Review)
Evans JR, Henshaw K
[最終改正日: 14 July 1999]
  » http://www.update-software.com/Abstracts/AB000253.htm

著者らの結論は「現在までに加齢黄斑変性(症)の発症を予防したり遅らせるために、一般住民は抗酸化ビタミンとミネラルサプリメントを摂取すべきとのエビデンスはない」ということでした。

その後、Evans JR により、1つの臨床試験における抗酸化ビタミンと亜鉛サプレメントの効果と副作用がレビューされました。
Antioxidant vitamin and mineral supplements for slowing the progression of age-related macular degeneration.
Evans JR.
(再掲) [最終改正日: 26 February 2002]
  » http://www.qqiac.com/2005/09/__d991.html

同レビューは2006年、改正されました。
Update [最終改正日: 19 January 2006]
  » http://www.update-software.com/Abstracts/AB000254.htm

では、USAにおける臨床試験 The Age-Related Eye Disease Study (AREDS) において、「抗酸化ビタミン (ベータカロチン, ビタミン C, ビタミン E)と亜鉛サプレメントは、加齢黄斑変性 AMD 進行例の増悪に対して有効であり (調整オッズ比 0.68, 99%信頼区間 0.49 – 0.93)、ミネラルサプリメントは 15レター以上の視力悪化の可能性が少なかった (調整オッズ比 0.77, 99%信頼区間 0.58 – 1.03)」 ことがより詳しく記載されており、副作用として(再掲)「亜鉛サプレメントでは泌尿生殖器の障害での入院症例が多く見られ、抗酸化ビタミンでは皮膚の黄染が多かった」ことの他、以下の著者結論が追加されています。

Beta-carotene has been found to increase the risk of lung cancer in smokers; vitamin E has been associated with an increased risk of heart failure in people with vascular disease or diabetes.

ベータカロチンは喫煙者の肺癌リスクを増加させることが分かった; 血管病変や糖尿病を有する人で、ビタミンE 心不全のリスク増加と関係していた。

Written by support

2006/05/04 at 22:01

カテゴリー: 血管新生