evidence-based medicine

Archive for 4月 2006

黄斑円孔の病期(タイプ)と予後

leave a comment »

国立眼科研究所 U.S.National Eye Institute が作成した
  » http://www.nei.nih.gov/health/macularhole/#5
黄斑円孔指導書 Macular Hole Resource Guide [NEI Health Information]
が有名です。

中心窩剥離( I期 Foveal detachment)の症例の約半数は、未治療であれば II期以上に進行する。
網膜層の部分的な円孔( II期 Partial-thickness hole) の症例の約 70%は、未治療であれば 全層円孔( III期 Full-thickness hole)に進行する。

………When a Stage III macular hole develops, most central and detailed vision can be lost. If left untreated, a macular hole can lead to a detached retina, ………

III期の黄斑円孔に至ったとき、もっとも精密な中心視力は失われる。治療しないで放置すると、黄斑円孔は網膜剥離を引き起こす可能性がある,

eMedicine – Macular Hole : Article by Sherman O Valero, MD
  » http://www.emedicine.com/oph/topic401.htm

Of individuals with stage 2 macular holes, 34-96% have a decline in vision. Many are in the range of 20/80 to 20/400.

II期黄斑円孔の症例の34-96%に視力低下がみられ、その多くは 0.25から 0.05の範囲内である。

Handbook of Ocular Disease Management -Macular Hole
  » http://www.revoptom.com/HANDBOOK/sect5n.htm

III期での視力は、一般的に 0.25から 0.1程度である。

Ophthalmology 2001; 108(7):1328-1335
Surgical management of macular holes: a report by the American Academy of Ophthalmology.
Benson WE, Cruickshanks KC, Fong DS, Williams GA, Bloome MA, Frambach DA, Kreiger AE, Murphy RP.

経過観察単独に比べて手術治療は、II期であれば進行予防と視力低下予防に有効であり、III期, IV期であれば多くの症例で視力改善がみられる。

広告

Written by support

2006/04/03 at 22:34

カテゴリー: 黄斑円孔