evidence-based medicine

体位を考慮した眼圧日内変動 reproduced diurnal IOP

眼科専門雑誌 Archives of Ophthalmology 2006年2月号に掲載された日本人研究者による論文です。
眼圧は体位によって異なるため (座位より仰臥位が高いといわれています)、睡眠中の仰臥位と覚醒中の座位での眼圧値を組み合わせた患者ごとの眼圧日内変動を考慮する必要があると述べられています。患者の体位により再現/再生された眼圧日内変動は reproduced diurnal IOP (intraocular pressure)と命名されています。

体位による再現 Reproduced 日内変動における睡眠中の眼圧ピークの増加
Arch Ophthalmol. 2006;124(2):165-168.
原著全文
» http://archopht.ama-assn.org/cgi/content/full/124/2/165
Increase of Peak Intraocular Pressure During Sleep in Reproduced Diurnal Changes by Posture
Takeshi Hara, MD; Tsutomu Hara, MD; Tadahiko Tsuru, MD
Author Affiliations: Department of Ophthalmology (Drs Takeshi Hara and Tsuru), Jichi Medical School, Tochigi, Japan; and Hara Eye Hospital (Drs Takeshi Hara and Tsutomu Hara), Utsunomiya, Japan.
[論文の抄訳・引用(訳者注を含む)]

未治療 (訳者注: 一般的には治療前や精密検査のため一時休薬した状態を言いますが、原著では休薬基準が示されていないため、治療前の症例と考えられます) の原発性開放隅角緑内障患者のうち、診療時間中の測定眼圧が 21mmHg未満の患者を対象として、入院の上、眼圧日内変動を測定しました。
眼圧測定は、正午から開始し、翌日の正午までの24時間で合計 12回測定しました。

The IOP measurements were recorded at noon; 2, 4, 6, 8, and 10 PM; midnight; 3, 6, 8, and 10 AM; and noon the following day.

眼圧はモバイル式非接触眼圧計 (PULSAIR 2000; Keeler Co, Windsor, England) で測定しました (訳者注: 参照ページ http://www.keeler.co.uk/tonometers/instrumentfocus.htm)。

The IOP was measured with a mobile noncontact tonometer (PULSAIR 2000; Keeler Co, Windsor, England).

入院時、彼または彼女の就寝する時刻、起床する時刻を患者ごとに確認しました。この確認によって、患者が覚醒中であるか、睡眠中であるかに基づいて、12回の眼圧測定時点を分類可能です。これらデータを使用し、著者らは、患者ごとの体位を考慮した新しい眼圧日内変動 reproduced diurnal IOP (訳者注: 再現/再生された眼圧日内変動 というデータ・概念) を作り出した。reproduced diurnal IOP では、もし測定時点が患者覚醒中の時間帯に相当すれば、その時点の眼圧値として座位の眼圧を選択しました。

At the time of hospitalization, we confirmed with each patient the time he or she went to bed and the time he or she arose. Because of this confirmation, 12 measurement time points can be classified on the basis of whether each patient was awake or asleep. By using these data, we made a new diurnal IOP change, reproduced diurnal IOP, that considered each patient’s posture. In the reproduced diurnal IOP, if the measurement point belonged to the period when the patient was awake, the sitting IOP was selected as the IOP value representative of that time.

[結果]
眼圧日内変動の評価のために使用したデータは、左眼の眼圧値だけですが、paired t test (対応のあるt-検定)とよばれる統計的検討にて、患者ごとの左右眼の眼圧に有意な差はなかった。

We found no significant change in IOP values between the left and the right eyes of each patient (P = .52, paired t test).

Figure 2. Reproduced diurnal intraocular pressure のピークは午前3時に記録した。
» http://archopht.ama-assn.org/cgi/content/full/124/2/165/ECS50023F2

Reproduced diurnal intraocular pressure (IOP) changes ………, the peak reproduced IOP was recorded at 3 AM.

reproduced diurnal IOP は、午前零時, 午前 3時, 午前 6時に高くなる傾向がありました。

The measurement times at which the peak sitting IOP was recorded for each patient were distributed throughout the day and night (Figure 3), but the reproduced diurnal IOP tended to be high at midnight and at 3 and 6 AM (Figure 4).

この臨床研究にて、座位単独であれば 21mmHg以上の眼圧値は、5眼 (3%)のみでしたが、reproduced IOPでみると21mmHg以上の眼圧値は 29眼 (20%)でした。29眼 全症例において睡眠中に眼圧値がピークとなりました。

In this study, 29 eyes (20%) had a reproduced IOP of 21 mm Hg or greater compared with only 5 eyes (3%) with an IOP of 21 mm Hg or greater when the patients were sitting only. All of the 29 eyes had IOPs that peaked during sleep.

[コメント]
両方の体位から (訳者注: 座位と仰臥位で得られた眼圧値) の組合わせ数値データに基づいた著者らの reproduced iurnal IOP では、全患者平均として、ピーク値は 午前 3時、トラフ(最低) 値は 午後 8時でした。全 148症例(訳者注: 148眼)では、座位のみであればピーク眼圧の時刻は 24時間の時間帯に等しく分散していましたが、reproduced IOPでみるとピーク眼圧は睡眠中に集中していました

However, in our reproduced diurnal IOP, which was based on the combined values from both postures, the peak occurred at 3 AM and the trough at 8 PM in the averaged data from all subjects. In all 148 patients, the times at which the peak IOP was recorded were scattered equally across 24 hours when the patients were sitting only, but the peak IOPs were concentrated during sleep for the reproduced IOP.

広告

Written by support

2006/02/15 @ 18:29

カテゴリー: 緑内障

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。