evidence-based medicine

血管攣縮 Vasospasm-原因疾患-眼所見

leave a comment »

血管攣縮(れんしゅく), 特に眼に関連する病気の発症機序における血管攣縮の役割
Prog Retin Eye Res. 2001 May;20(3):319-49.
Vasospasm, its role in the pathogenesis of diseases with particular reference to the eye.
Flammer J, Pache M, Resink T.
University Eye Clinic Basel, Mittlere Strasse 91, CH-4012, Basel, Switzerland.
[要約の抄訳]
  血管攣縮:
さまざまな原因で起こり、感染症、自己免疫疾患、眼疾患などのいろいろな病気やそれ以外は健康な人に発症する。
  原発性血管攣縮症候群と続発性血管攣縮:
  原発性血管攣縮症候群 "primary vasospastic syndrome":
低温ストレスや情緒的ストレスなどの刺激に対して攣縮を来たす体質を有する患者にみられる諸症状
  続発性血管攣縮 Secondary vasospasm を起こす病気:
(1) 種々の自己免疫疾患

多発性硬化症 multiple sclerosis
紅斑性狼瘡 lupus erythematosus
抗リン脂質症候群 antiphospholipid syndrome
関節リウマチ rheumatoid polyarthritis
巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎) giant cell arteritis
ベーチェット Behcet’s disease
バージャー病 Buerger’s disease
子癇前症 preeclampsia

(2) 感染症
      後天性免疫不全症候群 AIDS
(3) 血管攣縮を起こす可能性のある原因

出血 hemorrhage
ホモシスチン血症 homocysteinemia
頭部外傷 head injury
急性間欠性ポルフィリン症 acute intermittent porphyria
鎌状赤血球症 sickle cell disease
拒食症 anorexia nervosa
Susac 症候群 syndrome
ミトコンドリア病 mitochondriopathy
腫瘍 tumors
潰瘍性大腸炎 colitis ulcerosa
クローン病 Crohn’s disease
動脈硬化症 arteriosclerosis
薬剤 drugs

  原発性血管攣縮症候群患者の症状:

手の冷え cold hands
低血圧 low blood pressure
片頭痛 migraine
無症候性心筋虚血 silent myocardial ischemia

  血管攣縮体質の診断ツールと指標:
nailfold capillary microscopy & angiography
血漿エンドセリン-1 endothelin-1 上昇
  眼所見:

結膜血管の変化
角膜浮腫
網膜動脈および静脈閉塞症
脈絡膜虚血
一過性黒内障 amaurosis fugax
前部虚血性視神経症 AION
緑内障 glaucoma

カルシウムチャンネル遮断薬, マグネシウム, エンドセリン, グルタミン酸拮抗薬, 遺伝子治療の役割を論じる。

広告

Written by support

2005/12/22 @ 22:15

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。