evidence-based medicine

オセルタミビル (Roche社 タミフル)

leave a comment »

リン酸オセルタミビルを内服すると、ウイルスのノイラミニダーゼが阻害されるため、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスの細胞外放出が抑制され重症化予防と罹病期間の短縮が期待できます。一方、アマンタジン amantadine が有する抗ウイルス作用は A型インフルエンザウイルスの表面にあるM2蛋白に作用してウイルスの脱殻・ウイルス粒子形成を抑制します。
米国食品医薬品局 FDA の評価と解説(日本語訳)をお知らせいたします。
■ ノイラミニダーゼ阻害剤 オセルタミビル oseltamivir (商品名 タミフル Tamiflu )
リスク分類「C」
動物による研究では、胎児に対する副作用と毒性があります。
妊婦を対象とした十分・適切な対照化試験は行われていません。
本薬剤は、胎児に対するリスクの可能性よりも有益性の可能性が上回るときのみ使用すべきです。
【胎児へのリスク】
十分な動物実験によるデータはありませんが、いくつかの動物では大量投与にて骨格異常の頻度が増えたと報告されています。
十分なヒトに関するデータはなく、胎児に対するいかなるリスクよりも母体に対する有益性の可能性が上回るときのみ使用すべきです。
【授 乳】
泌乳動物の乳汁中に分泌されますが、ヒトでは不明です。
乳児に対するいかなるリスクよりも母体に対する有益性の可能性が上回るときのみ使用すべきです。
カテゴリ「A-X」については、
http://category.xrea.cc/drugs/000001.html
のリンク先でご確認下さい。
FDA: A, B, C, D, X
TGA: A, B1, B2, B3, C, D, X
Ping送信元: やまむら眼科医院 石川県石川郡野々市町新庄5丁目 5-106

広告

Written by support

2005/09/22 @ 20:56

カテゴリー: 妊娠、授乳とクスリ

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。