evidence-based medicine

漿液性色素上皮剥離を伴った中心性漿液性網脈絡膜症

leave a comment »

エントリー「網膜色素上皮剥離」
  http://www.qqiac.com/archives/000138.html
もご覧下さい。
中心性漿液性網膜症における網膜色素上皮剥離と蛍光色素漏出との関係
J Fr Ophtalmol. 2000 Sep;23(7):649-54.
Relation between retinal pigment epithelial detachment and dye leakage in central serous retinopathy
Constantinides G.
Service d’Ophtalmologie, Hopital Huriez, 2, avenue Oscar Lambret, 59037 Lille Cedex, France.
[要約の邦訳]
目的: 本報告の目的は、中心性漿液性網脈絡膜症にみられる「脈絡膜透過性亢進」仮説を都合よく支持するエビデンスを提供することです。
症例と方法: 中心性漿液性網脈絡膜症の病歴を有する連続 7症例( 8眼)を対象として検討した。蛍光眼底血管造影検査と 1枚の640mm単色画像(a monochromatic frame at 640 mm) を全例に行った。すべての蛍光色素漏出所見は網膜色素上皮剥離の辺縁部にみられた。
結果: 網膜色素上皮剥離は 8眼すべてにおいて中心窩外であった。蛍光色素漏出所見は鼻側辺縁部 4眼, 上方辺縁部 2眼, 耳側辺縁部 1眼, 前縁部 1眼にみられた。
結論: 中心性漿液性網脈絡膜症において色素上皮剥離の辺縁部に蛍光色素漏出がみられることは、脈絡膜透過性亢進の仮説の強い論拠となる。圧上昇は、覆っている網膜色素上皮を圧壊し、数か所で局所的な色素上皮剥離と剥離部・非剥離部の境界部での蛍光色素漏出を誘発する。
中心性漿液性網脈絡膜症と漿液性色素上皮剥離. 発症機序との関連
Oftalmologia. 2003;58(3):80-4.
Central serous chorioretinopathy and serous detachment of the pigmentary epithelium. Pathogeny relations
Munteanu G, Munteanu M.
Clinica Oftalmologica, Timisoara.
[要約の邦訳]
漿液性色素上皮剥離を伴った中心性漿液性網脈絡膜症 7症例を報告した。蛍光色素漏出は漿液性剥離の周辺部 (6 例)と前面(1 例)に見られた。これら所見は、網膜下腔の脈絡膜滲出液が増加し圧が発生し網膜色素上皮が破綻したものである。このような状況から、中心性漿液性網脈絡膜症は、覆っている色素上皮の変化後に非定型な臨床型を呈する。広範な漿液性剥離と周辺部に存在する蛍光色素漏出所見があれば、典型例とは異なるものである。

広告

Written by support

2005/08/30 @ 14:55

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。