evidence-based medicine

ヒトヘルペスウイルス

leave a comment »

100種類以上のヘルペス属ウイルスが存在しますが、人に感染するものは下記の 8種類のヘルペスウイルス (human herpes virus HHV) です。

HHV-1: HSV-1 () 単純ヘルペス
      腰から上の感染症で検出されることが多い
      (口唇ヘルペス、角膜炎、ARN 症候群、脳炎、疱疹性ひょう疽など)
HHV-2 HSV-2: () 単純ヘルペス
      腰から下の感染症で検出されることが多い
      (泌尿生殖器のヘルペスなど)
      ただし、日本国内の眼部 ARN 症候群ではHSV-2が多い.
HHV-3: VZV  () 水痘帯状ヘルペス
HHV-4: Epstein-Barr virus
HHV-5: cytomegalovirus CMV サイトメガロウイルス
HHV-6:
HHV-7:
HHV-8:

注: () neurotropism 神経親和性 (神経系組織内に侵入したり、同組織内で生存したりする能力があること。主に、ウイルスが神経組織に感染する能力を有するときに用いる用語です) のあるウイルスです。HSVとVZVは、主に、知覚神経節に潜伏感染する能力があります。
【参考文献】
Int Ophthalmol Clin. 2000 Spring;40(2):85-109.
Advances in diagnosis and management of herpetic uveitis.
Gaynor BD, Margolis TP, Cunningham ET Jr.

広告

Written by support

2005/06/11 @ 20:50

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。