evidence-based medicine

バイアグラ 虚血性視神経症

leave a comment »

ミネソタ医科大学の報告は既報 7症例,追加(下記論文) 7症例、合計14症例となります。
sildenafil (バイアグラ) 使用直後に発症した非動脈炎性虚血性視神経症: 新規 7症例の報告.
J Neuroophthalmol. 2005 Mar;25(1):9-13.
Nonarteritic ischemic optic neuropathy developing soon after use of sildenafil (viagra): a report of seven new cases.
Pomeranz HD, Bhavsar AR.
Department of Ophthalmology, University of Minnesota Medical School, Minneapolis, MN 55455, USA.
50歳から69歳の 7症例は、勃起障害 erectile dysfunction 治療のため クエン酸シルデナフィル sildenafil citrate (バイアグラ)服用後、36時間以内に典型的な 非動脈炎性前部虚血性視神経症 (nonarteritic anterior ischemic optic neuropathy NAION)を呈した。6症例は本剤使用後 24時間以内に視覚障害を来たした。罹患眼の最終視力は (1.0) から (光覚のみ) の範囲 であった。1例は両眼発症であった。全症例に、基礎疾患として高血圧症、糖尿病、高コレステロール、ないし高脂質血症がみられた。以前に、同様の症例 7例を報告した。シルデナフィルは動脈硬化性のリスク・プロフィールを有する患者において、NAION を起こす可能性がある。

広告

Written by support

2005/05/28 @ 21:36

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。