evidence-based medicine

黄色ぶどう球菌の薬剤耐性頻度(クラビット®など)

leave a comment »

角膜炎、結膜炎患者から分離されたメチシリン感受性黄色ぶどう球菌(MSSA)の薬剤耐性率(シプロフロキサシンCPFXおよびレボフロキサシンLVFX)
Am J Ophthalmol. 2004 Mar;137(3):453-8.
Ciprofloxacin and levofloxacin resistance among methicillin-sensitive Staphylococcus aureus isolates from keratitis and conjunctivitis.
Marangon FB, Miller D, Muallem MS, Romano AC, Alfonso EC.
Department of Ophthalmology, Bascom Palmer Eye Institute, University of Miami School of Medicine, Miami, Florida 33136, USA.
抗菌薬 黄色ぶどう球菌別耐性率 (MSSA+MRSA,MSSA,MRSA) ,年度
CPFX 8%(3%-11%),2%,55.8%,1990-1995
CPFX 20.7% ,5%,83.7%,1996-2001
CPFX 33.2%,11.9%,95.7%,2000-2001
LVFX 25.5%, 4.7%,82.1%,2000-2001
ニューキノロン系抗菌薬2剤の耐性菌は年々増加している。

広告

Written by support

2004/07/31 @ 22:43

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。