evidence-based medicine

小児の眼瞼腫瘍

leave a comment »

小児の眼瞼腫瘍はとてもまれです。神経線維腫、色素性乾皮症に伴う腫瘍があります。多くは、家族性、遺伝性に発症し、全身皮膚に特徴的な色素斑(あざ等)がありますので、診断は比較的容易です。
最近の症例報告(ごくまれな疾患)
【腺様嚢胞癌】
Pediatr Pathol. 1993 Sep-Oct;13(5):559-65.
Adenoid cystic carcinoma of the lacrimal gland in a six-year-old girl.
Galliani CA, Faught PR, Ellis FD.
Department of Pathology, James W. Riley Hospital for Children, Indiana University School of Medicine, Indianapolis.
6歳白人女児。涙腺原発の「腺様嚢胞癌」。再発をきたし、4回手術施行。
【眼瞼黄色肉芽腫】
Ophthalmology. 2002 Feb;109(2):258-61.
Solitary spindle-cell xanthogranuloma of the eyelid.
DeStafeno JJ, Carlson JA, Meyer DR.
Lions Eye Institute, Department of Ophthalmology, Albany Medical College, Albany, New York 12208, USA.
3歳男児。右上眼瞼の腫瘤。生検にて診断「孤立性、紡錘細胞性黄色肉芽腫」

広告

Written by support

2004/07/23 @ 11:49

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。