evidence-based medicine

二重瞼手術::注意事項と術後回復

leave a comment »

まぶたと涙道の外科(手術)合併症については、オンライン検索で得られる文献が常に極端に少ないので、専門書をお持ちの形成外科の主治医にお尋ねになる方法が最もよいと思います。
 » http://www.cosmetic-eyelid-surgery-resource.info/ch1120/14.html
の 「Asian Eyelid Surgery」(直訳すると、東洋人のまぶたの手術です。別名は「二重瞼手術 Double eyelid operation」、「東洋人眼瞼形成術 Asian blepharoplasty」となります)では、「注意事項と術後回復 Care and recovery」に関して・・・一般的に、東洋人の眼瞼皮膚は、西洋人に比べてより”反応”しやすく、より長期間(4-6ヶ月間)腫脹が続くことがあります。しわ(二重)の位置や形は、術後創傷治癒に伴い変化し、半年過ぎても安定しないであろう。手術部位の瘢痕組織は、長期間、発赤し、肥厚するかもしれない。・・・

Care and recovery:As a rule, Asian eyelid skin is more “reactive” than Occidental skin and may stay swollen for a longer time interval (4-6 months). The crease position and shape will vary as healing progresses and not reach its final configuration for six months or more. Scars may stay red and thickened for a longer time.

更新後のホームページ » http://www.drmeronk.com/asian/asian-eyelid-risks.html
肥厚性瘢痕 (ひこうせいはんこん) – 眼瞼皮膚の治癒過程にみられる瘢痕形成が強く起こる (より赤くなり肥厚する)ことは、アジア人の皮膚に若干多い。通常、時間とともに治癒する。

• Hypertrophic scarring – An aggressive reaction (more redness and thickness) in the healing external eyelid scar is slightly more common in Asian skin. Time is usually curative.

広告

Written by support

2004/07/14 @ 13:28

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。