evidence-based medicine

“クラック眼症候群”

leave a comment »

コカインによる角膜障害(上皮欠損を伴う角膜浸潤)は、1989年第一例目が報告され、1993年クラック アイ症候群と名づけられた(crack eye syndrome)。
J Am Optom Assoc. 1999 Mar;70(3):193-7.
Crack eye syndrome.
Colatrella N, Daniel TE.
Department of Veteran Affairs, Optometry Section, Cleveland, Ohio, USA.
Ophthalmology. 1993 Feb;100(2):187-91.
Corneal complications associated with the use of crack cocaine.
Sachs R, Zagelbaum BM, Hersh PS.
Department of Ophthalmology, Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY 10467.

広告

Written by support

2004/06/06 @ 05:39

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。