evidence-based medicine

虹彩異色

leave a comment »

左右眼で茶目(虹彩)の色が異なるとき、「虹彩異色 (こうさいいしょく)」とよばれます。
先天性では、虹彩、網膜の色調変化のほかに皮膚、毛髪の白変、聴力障害を合併する遺伝性疾患 「Waardenburg 症候群 Syndrome」がよく知られています。遺伝性感音性難聴を来たしますので、出生後できるだけ早期の診断、治療、訓練が必要です。
参照ページ: 岡山大学医学部耳鼻咽喉・頭頚部外科学教室のホームページ
  http://www.okayama-u.ac.jp/user/med/oto/synd.html#Waardenburg%20syndrome
なお、「症候群性難聴」 「症候性難聴」とは、聴覚障害だけでなく、眼の異常、色素異常、内分泌代謝異常、腎尿路系、神経系の異常、いろいろな奇形を伴う病気のことです。
Jpn J Ophthalmol. 2003 Jan-Feb;47(1):77-84.
Clinical findings in Japanese patients with Waardenburg syndrome type 2.
Ohno N, Kiyosawa M, Mori H, Wang WF, Takase H, Mochizuki M.
Department of Ophthalmology and Visual Science, Tokyo Medical and Dental University, Graduate School, Tokyo, Japan.

広告

Written by support

2004/05/31 @ 17:10

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。