evidence-based medicine

Archive for 4月 2004

放射線治療の影響

leave a comment »

眼窩部放射線治療の成果と放射線障害(甲状腺眼症)
Ophthalmology. 2002 Nov;109(11):2100-7.
The aftermath of orbital radiotherapy for graves’ ophthalmopathy.
Gorman CA, Garrity JA, Fatourechi V, Bahn RS, Petersen IA, Stafford SL, Earle JD, Forbes GS, Kline RW, Buettner H, Robertson DM, Bergstralh EJ, Offord KP, Rademacher DM, Stanley NM, Bartley GB.
Department of Medicine, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota. Department of Ophthalmology, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota 55905, USA.
放射線治療後の眼部神経性筋強直(きょうちょく)
Strabismus. 2002 Jun;10(2):119-24.
Ocular neuromyotonia: a case report.
Fricke J, Neugebauer A, Kirsch A, Russmann W.
Department of Strabismology and Neuro-ophthalmology, Eye Clinic, University of Cologne, Germany.

広告

Written by support

2004/04/29 at 10:16

カテゴリー: Uncategorized

網膜剥離手術後の屈折度数変化

leave a comment »

網膜剥離手術(強膜バックリング)後の屈折、角膜形状変化
Ophthalmology. 1997 May;104(5):831-7.
Corneal shape changes after scleral buckling surgery.
Hayashi H, Hayashi K, Nakao F, Hayashi F.
Department of Ophthalmology, School of Medicine, Fukuoka University, Japan.
Jpn J Ophthalmol. 2000 Mar-Apr;44(2):132-8.
Analysis of changes in corneal shape and refraction following scleral buckling surgery.
Okada Y, Nakamura S, Kubo E, Oishi N, Takahashi Y, Akagi Y.
Department of Ophthalmology, Fukui Medical University, Yoshida-gun Fukui, Japan.
Klin Monatsbl Augenheilkd. 1997 Mar;210(3):144-6.
[Modification of axial length and astigmatism by scleral buckling surgery]
Grimm G, Aust W, Stark M.
Augenklinik des Lehrkrankenhauses Kassel.

Written by support

2004/04/27 at 09:53

カテゴリー: Uncategorized

塩酸ブナゾシン点眼液の副作用

leave a comment »

選択的交感神経α1受容体遮断薬ブナゾシンは海外での臨床治験中0.3%点眼液において、瞳孔が小さくなる(縮瞳)、まぶたが下がる(眼瞼下垂)、白目が赤くなる(目の充血)などの副作用が発現しています。
Br J Ophthalmol. 1991 Jul;75(7):411-3.
Ocular responses in healthy subjects to topical bunazosin 0.3%–an alpha 1-adrenoceptor antagonist.
Trew DR, Wright LA, Smith SE.
Division of Pharmacological Sciences and Toxicology, United Medical School, London.
国内で緑内障薬として市販されているものは 低濃度0.01%液だけで、眼圧下降効果の面というより従来の緑内障薬に比して角膜障害が少ないなどの理由で保健適応となった薬剤です。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/0104/txt/s0427-2.txt
本剤(0.01%)は国内での臨床治験中にも、副作用「結膜充血」は投与症例の2%程度に見られています(商品名 デタントール0.01%点眼液)。

Written by support

2004/04/23 at 15:16

カテゴリー: Uncategorized

黄斑部網膜上膜と硝子体手術

leave a comment »

網膜上膜の術後視力等について
Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2004 Jan;108(1):18-22.
[The surgical outcome of vitrectomy for idiopathic epiretinal membranes and foveal thickness before and after surgery]
Ishida M, Takeuchi S, Nakamura M, Morimoto K, Okisaka S.
Second Department of Ophthalmology, Toho University School of Medicine, 2-17-6 Ohashi, Meguro-ku, Tokyo 153-8515, Japan.

Written by support

2004/04/22 at 16:38

カテゴリー: Uncategorized

円錐角膜

leave a comment »

片眼性円錐角膜患者の追跡調査
Ophthalmology. 2004 Mar;111(3):440-6.
Longitudinal study of the normal eyes in unilateral keratoconus patients.
Li X, Rabinowitz YS, Rasheed K, Yang H.
Division of Medical Genetics, Medical Genetics Birth Defects Center, Steven Spielberg Research Center, Los Angeles, California, USA.
アトピー皮膚炎と眼合併症
Arerugi. 1994 Jul;43(7):796-9.
[Eye complications in atopic dermatitis]
Ohmachi N, Sasabe T, Kojima M, Adachi J, Endo K, Fukuzumi T, Aoki T.
Department of Ophthalmology, Osaka Prefectural Habikino Hospital.

Written by support

2004/04/19 at 17:02

カテゴリー: Uncategorized

間歇性外斜視の治療法とエビデンス

leave a comment »

■(結論の1つ)間歇性外斜視の治療がより科学的根拠(エビデンス)に基づいて施行されるようになるための注意深い計画的な調査研究が必要である。
【文献】
Richardson S, Gnanaraj L
Interventions for intermittent distance exotropia (Cochrane Review).
In: The Cochrane Library, Issue 2, 2003. Oxford: Update Software.
(抜粋、要約)
いろいろな方法で数多くの眼科論文等を調査し(1966年~2002年11月)、間歇性外斜視の治療(外科的、非外科的)についてのランダム化比較対照試験(治療群、対照群を無作為に割り付けて両群間での治療効果を判定する)の成績を収集し、分析することとした。
結果:ランダム化比較対照試験(randomised controlled trial) がなく、よって解析対象となる論文はなかった。
結論:
■ 入手できた論文は主に、後向き(retrospective)調査研究であった。
■ 間歇性外斜視の定義、治療対象とする際の基準、治療効果の測定方法に関して、論文による差異が大きく、比較や解析は困難であった。
■ しかしながら、斜視角が軽度のケースでは、手術以外の治療法が適当であるとの一般的合意が得られているようである。
■ 手術時期については、早期、後期ともに支持する論文があり、適切な時期についての結論は得られなかった。
■ 最近の研究によると、両眼の手術が最も効果的な手術方法であるかもしれない。
■ 間歇性外斜視の治療がより科学的根拠に基づいて施行されるようになるための注意深い調査研究が必要である。

Written by support

2004/04/15 at 10:12

カテゴリー: Uncategorized

間歇性外斜視の手術時期

leave a comment »

“monofixation”を”単眼固視”と訳しましたが、詳細は、http://infohitomi.biz/archives/000017.htmlをご一読下さい。
立体視機能から見た間歇性外斜視の手術時期
間歇性外斜視および恒常性外斜視症例において、立体視機能の維持・回復のために最適な手術時期について、後ろ向き(Retrospective)調査研究が行われています。
【眼科論文】
Timely surgery in intermittent and constant exotropia for superior sensory outcome.
Abroms AD.他
Am J Ophthalmol 2001;131:111-116.
【論文要約】
著者は、斜視罹患年数⇒5年未満、手術年齢⇒7歳未満、眼位ずれ⇒間歇性 の時期に外斜視手術を推奨しています。
対象症例は間歇性外斜視 45症例(男14、女31)、恒常性外斜視 31症例(男9、女22)、合計76例である。
最終診察時に手術成功例であり、他の基準(省略)を満たした場合に対象とした。
眼位矯正の手術成功基準:0±8Δ(プリズム。遠方6m、近方33cmの視標ともに)
内訳:
手術時年齢 平均9.3歳(8ヶ月~71才)
手術回数 平均1.6回(1~7回)
術前斜視角(6m)平均12Δ(12~40Δ)
術後観察期間   平均5.9年(6ヶ月~26年)
初回手術術式:両眼外直筋後転術
 (間歇性外斜視では、上斜筋手術は併用しない)術直後の眼位は過矯正状態となるように手術を行い、術後6ヶ月の時点で、6Δ以上の術後内斜視となっていれば、再手術を推奨する。
高次視機能(立体視)の判定基準:
“単眼固視”⇒ 立体視差60秒以上のみ認識
両眼固視⇒ 立体視差60秒未満の認識可能
検査法 Titmusステレオテストなど(参考資料【立体視差】)
結果:
1. 斜視の期間が5年未満であるか、手術年齢が7歳未満であれば、”単眼固視”の症例が有意に少ない。
2. 両眼固視できる症例は、斜視期間が有意に短い。
3. 間歇性外斜視の症例は、術後の”単眼固視”の頻度が有意に少ない。
4. 7歳未満で手術を行った症例では、恒常性の外斜視は有意に少ない。
など。
考案(一部):
術後3ヶ月以上、内斜状態となると、両眼固視機能が消失するとの報告がある。実際に、44例中2例(5%)は術後に両眼固視機能が消失するリスクがあった。両眼固視機能が失われる頻度は(他報告)⇒0%, 3.6%, 3.9%, 4.5%, 10%
間歇性外斜視の治療法とエビデンスに関するコクラン・レビュー もご覧下さい。
参考資料
【立体視差(視差)、立体視角】
参照:http://www.ntt.co.jp/news/news00/0005/000530_4.html
角度表示
1分=1/60度 1秒=1/60分=1/3600度
検査法 Titmusステレオフライテストは16インチ(40.64cm)前の視標による判定 (LangステレオテストⅡは参考までに記載)
立体視角(秒) 【視差 sec. of arc と同じ数値となる】
3552秒 ハエ羽根先端(約1度。Titmusステレオテスト)
3000秒 ハエ(Titmus)
800秒 サークル 1(Titmus)
600秒 象(LangステレオテストⅡ)
400秒 ネコ、サークル 2(Titmus)、車(LangⅡ)
200秒 うさぎ、サークル 3(Titmus)、星(LangⅡ)、月(LangⅡ)、
車と象との区別(LangⅡ)
140秒 サークル 4(Titmus)
100秒 サル、サークル 5(Titmus)
80秒 サークル 6(Titmus)
60秒 サークル 7(Titmus)
50秒 サークル 8(Titmus)
40秒 サークル 9(Titmus)

Written by support

2004/04/13 at 12:03

カテゴリー: Uncategorized