evidence-based medicine

Archive for 3月 2004

転移性腫瘍(眼内、眼窩)

leave a comment »

眼内ぶどう膜へ転移する悪性腫瘍
Ophthalmology. 1997 Aug;104(8):1265-76.
Survey of 520 eyes with uveal metastases.
Shields CL, Shields JA, Gross NE, Schwartz GP, Lally SE.
Ocular Oncology Service, Wills Eye Hospital, Thomas Jefferson University, Philadelphia, Pennsylvania 19107, USA.
眼窩部へ転移する悪性腫瘍
Ophthal Plast Reconstr Surg. 2001 Sep;17(5):346-54.
Cancer metastatic to the orbit: the 2000 Robert M. Curts Lecture.
Shields JA, Shields CL, Brotman HK, Carvalho C, Perez N, Eagle RC Jr.
Oncology Service, Wills Eye Hospital, Thomas Jefferson University, Philadelphia, Pennsylvania 19107, USA.
眼窩・眼球内へ転移する悪性腫瘍
Curr Opin Ophthalmol. 1998 Dec;9(6):100-4.
Ocular manifestations of cancer.
De Potter P.
Ocular Oncology Unit, Cliniques Universitaires Saint-Luc, Brussels, Belgium.

広告

Written by support

2004/03/24 at 08:38

カテゴリー: Uncategorized

後部硝子体剥離と網膜裂孔

leave a comment »

「後部硝子体剥離(PVD)」の急性発症(3ヶ月以内)に伴い、中高年者(調査対象の大部分は45歳以上)の網膜にどのような異常が観察されたか?
Byer による下記論文の一部を紹介いたします。
Byer,NE.:Natural History of Posterior Vitreous Detachment with Early Management as the Premier Line of Defense against Retinal Detachment.
Ophthalmology. 1994;101:1503-1514.
カリフォルニア大学医学部での調査(1975-1987年)
前向き調査、対象症例は連続で登録。
合計300例350眼(男36% 女64%)。
ただし、白内障手術 21眼を含む(術式ICCE20眼、術式不明1眼、全例眼内レンズ挿入なし)
除外症例:紹介患者、外傷、3ヶ月以上飛蚊症、光視症を自覚していた症例。
年齢(才) 眼数
20-29 2
30-39 0
40-44 2
45-49 13
50-59 125
60-69 158
70-79 40
80-89 10
PVDの症状(全350眼中) 光視症 6% 飛蚊症 40% 両症状 54%
続発性網膜裂孔(50眼中)光視症 2% 飛蚊症 40% 両症状 56%
飛蚊症1~2個のPVD症状自覚時(光視症の有無は問わず)、
続発性網膜裂孔は 7.3%(12/163眼)に発生した。
網膜病変の内訳
格子状変性(PVD発生以前から存在)  14%
老人性網膜分離症(PVD発生以前から存在) 8.2%
嚢状網膜変性(tuft. PVD発生以前から存在)) 7.1%
網膜裂孔(PVD発生以前から存在していたもの) 4.3%(15眼)
全例白内障手術なし
  11眼 格子状変性内の萎縮円孔
   2眼 網膜裂孔(僅かな牽引あり。1眼は2年前の記録あり)
  2眼 小円孔(1眼は1年以上前の記録あり)
 合計裂孔数 19個
 治療施行眼 4眼のみ 
     3眼 PVD発生時(新裂孔が発生していたため)
     1眼 PVD発生3ヶ月後(網膜剥離のため)
 未治療眼  11眼
1眼はPVD発生後7年を過ぎたとき、僅かな剥離を伴うようになったが、治療を行わず経過をみている(その後7年後にも変化なし)
網膜裂孔(PVD発生に続発したもの)  14%(50眼。但し,1眼は剥離のため裂孔発見できず)
  正常な網膜領域に発生 70%
裂孔多発 20% 上半周網膜 70%
  形状:42眼 弁状網膜裂孔。5眼 遊離弁をもつ
PVD症状自覚後初回の診察の際に網膜裂孔が発見された症例84%(42眼):
症状自覚後診察を受けるまでの期間:2週以内 32/42眼 76%
(1週間以内 25眼59%, 1-2週以内 7眼16%, 2-4週 12%, 1-3ヶ月 12%)
PVD症状自覚後に診察を受けたが、初回診察時に裂孔なし16%(8眼):
 裂孔発見日は、2週 3週 7ヶ月 8ヶ月 1年 2年 9年 10年後であった。
網膜剥離   14眼28%(全PVD350眼中4%、有水晶体眼中 2.4%)
  有水晶体眼(有)8眼、白内障手術眼(白)6眼
発見の時期:初回診察時10眼 3週後(白) 7ヶ月(有) 8ヶ月(白) 25ヶ月(白)

Written by support

2004/03/21 at 00:09

カテゴリー: Uncategorized

軽度近視, late-onset myopia

leave a comment »

成人発症、成人後度数が進行する近視などについて
Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 1998 Dec;102(12):796-812.
[Developmental mechanism of low myopia and therapeutic possibilities. A review]
Tokoro T.
Department of Ophthalmology, Tokyo Medical and Dental University School of Medicine, Japan.

Written by support

2004/03/17 at 22:43

カテゴリー: Uncategorized

Adie症候群

leave a comment »

障害された瞳孔の形は「卵形(oval)」または「不正形(irregular)」となる
Recenti Prog Med. 2001 Oct;92(10):605-8.
[Tonic pupil and tendon areflexia: the Holmes-Adie’s syndrome]
[要約英文、Article in Italian]
Martinelli P, Minardi C.

Written by support

2004/03/14 at 09:39

カテゴリー: Uncategorized

間歇性外斜視と術後複視

leave a comment »

初回手術時に過剰矯正手術を行った場合の複視発生頻度⇒ 4.3%(3/69症例)。
J Pediatr Ophthalmol Strabismus. 1990 Jul-Aug;27(4):218-20.
The surgical overcorrection of intermittent exotropia.
Keech RV, Stewart SA.
Department of Ophthalmology, University of Iowa, Iowa City.

Written by support

2004/03/09 at 09:43

カテゴリー: Uncategorized

複視の原因について

leave a comment »

Eye. 1991;5 ( Pt 1):124-9.
Double vision as a presenting symptom in an ophthalmic casualty department.
Morris RJ.
Moorfields Eye Hospital, London.
複視の原因に関する論文。以下は要約の一部です。
複視を主症状として受診した患者 275名について調査した(前向き prospective 調査)。
単眼複視 69例 25.1% (原因として水晶体、角膜疾患が多い)
両眼複視 206例 74.5% (原因の内訳は脳神経麻痺 81例と最も多く, 他に輻輳・調節障害、斜位、外傷、外眼筋疾患、眼窩疾患、核上性脳障害など)
原因不明例は、単眼複視8例、両眼複視23例であった。

Written by support

2004/03/02 at 16:28

カテゴリー: Uncategorized