evidence-based medicine

黄斑円孔手術による合併症

leave a comment »

黄斑円孔手術による合併症等について
1. 米国マイアミ医科大学 Scott 医師らの臨床報告
66症例74眼(平均年齢68才)術後5年以上の追跡調査(最長約10年)。
 手術合併症 
  円孔再発 9眼12%
  網膜剥離 4眼5%
  脈絡膜新生血管膜形成 2眼3%
最も視力が改善した時期:術後約2年半のとき
術後視力 1.0~0.05(最も多い術後視力0.8程度、
     但し、術後62眼は白内障手術を施行)

最終診察時(術前に比べて)視力が3段階以上改善した
  =>57眼77%
2. デンマーク Cour 医師らによる総説論文
 合併症
[前眼部] 白内障 術後1~2年以内に発生することが多い

[後眼部] 発生頻度 41%   内訳
 網膜剥離  11% ⇒1999,2000年の報告 5%以下
 網膜裂孔
 網膜色素上皮異常  33%
 円孔再発      5~10%
 脈絡膜新生血管膜形成
 類嚢胞黄斑浮腫
 視野欠損    術後早期に高頻度にみられる
 傍中心暗点
 術後眼内炎

Written by support

2004/02/17 @ 20:09

カテゴリー: 黄斑円孔

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。